長い周期を経て一堂に会した十二神が、次の主神を承認する日を祝う祝祭「降神祭」が開催されます。

詳しくは『 こちら』をご覧ください。
降神祭とは、長い周期を経て一同に会した十二神が、次の主神を承認する日を祝う祝祭のこと。大神官によれば、次回の主神は時神アルジクになる可能性が濃厚なようです。
一方、東方からは、かの地での「降神祭」の主役となる動物、龍を意匠とした飾り冑が届いています。グリダニアの総合商社「黒兎堂」が、「雪人の儀」への協力者に贈ろうと、急遽取り寄せたのだとか……。


重力と時間を司るアルジクが主神となる、次の周期では、いったいどんな歴史が刻まれることになるのでしょうか?
開催期間
2012年1月1日(日)0:00頃~1月16日(月)23:59頃