特集 特殊戦教練始まる

リムサ・ロミンサのグローバル情報誌『ハーバーヘラルド』が、各都市のグランドカンパニーによる合同訓練「特殊戦教練」に関連した記事を掲載したようです。

詳しくは『 こちら』をご覧ください。



黒渦団に尽力し、特に顕著な成果を挙げた将兵を顕彰する制度。
顕彰者の組織への厚い忠誠心と貢献を称え、すべての将兵の模範として広く知らしめると同時に、その更なる働きと相互の研鑽を促すものである。


※一度「前週の顕彰者」「昨日の貢献者」に掲載されたプレイヤーキャラクターの氏名は、獲得軍票額に関わらず一定期間は再掲載されませんのでご了承ください。




都市の首長であり、海軍の長をも兼ねる「提督」。新大陸の発見や北方諸国の無敵艦隊撃滅など、海上での武勇伝には事欠かない。良くいえば実直、悪くいえば融通がきかず、提督就任後は自らも有力海賊の出自ながら、国家経済立て直しのために厳しく海賊行為を取り締まってきた。グランドカンパニー体制を敷くことで、これまで個人資産とされた商船や傭兵船、果ては海賊船まで旗下に収め、戦力増強を図ろうと目論むが……。モットーは「不可能は人が作り出す」。腰に名銃「デスペナルティ」と「アナイアレイター」を携える。






バックナンバー

商船乗りがもたらす旬の話題を集めたリムサ・ロミンサのグローバル情報誌。
裏付けなしの海賊の自慢話から切り口鋭い外交官の海外情報まで、記事の質は玉石混淆。
海洋貿易の中継地である立地を活かし、国際情勢や世界経済に強いのが売りとされる。
我らが母なる海はすべての陸に通じ、我らが家たる船は遠き隣人の声を運ぶ。
さて、今週リムサ・ロミンサに入港した船は、どんな報せを届けてくれたのだろう?
港を泳ぐ最新の話題を、船乗りの情報誌『ハーバーヘラルド』が釣り上げる!

港に集まる屈強な将兵たち
最近、リムサ・ロミンサの港にて、屈強な連中がたむろしている姿を見かけたことはないだろうか?
粗野な海賊たちじゃあない。黄色や暗色の軍装をまとい、さっそうと軍靴を鳴らして闊歩する連中……。そう、グリダニアの「双蛇党」やウルダハの「不滅隊」の将兵たちだ。
彼らが何のために、我らが海都へやって来たのかといえば、各都市のグランドカンパニーによる合同訓練に参加するためにほかならない。シェルダレー諸島に属すふたつの無人島、亀甲島とロックスライ島に魔物を解き放ち、実戦形式の「特殊戦教練」を行っているんだとか。
これまで遠洋漁業の中継地として、これらの島々を利用していた網倉の漁師たちは、渡航制限を受けて少なからず難儀しているという話だが、危険な魔物を使った訓練は隔離された場所でやるに限る。黒渦団のお偉方も、うまいこと考えたもんだ。


民間にも広がる協力体制
島を明け渡した漁師たちのほかにも、グランドカンパニーに協力している人々がいる。
たとえば、先日、大手貿易商会の「ブルゲール商会」は、大量の武器をグランドカンパニーに無償提供したと発表した。それも普通の武器じゃあない。
ここ最近の武器価格の乱高下を受けて、遙か海の向こうサベネア島の自由都市「ラザハン」から特殊な武器を輸入したそうだ。なんでも、彼の地の石工たちが巨人石(※)を削って創り上げた、伝統的な近東様式の武器なんだとか。筆者は、港での取材中に訓練帰りだという「双蛇党」の士官から、真新しい石剣を見せてもらったが、なかなかの業物に見えた。
ガレマール帝国との決戦を前に、にわかに広がりを見せ始めた協力の輪。この輪をさらに広げ、各々の力を結集すれば、必ずやエオルゼアは勝利を得ることができるだろう。

ユマ・モルコット


【巨人石】
サベネア島で採石される硬度に優れた天然石。その名は、島に伝わる伝承に由来する。
はるか昔のこと、島を荒らす巨人を、東方からやってきた英雄が激闘の末に打ち倒した。すると、その血と胆汁を浴びた岩が巨人の力を帯び、「巨人石」に変わったのだという。